酵素ドリンクダイエットは無添加がおすすめ!添加物の比較とその害

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

無添加酵素ドリンクダイエット添加物

このブログ記事では、酵素ドリンクに含まれる添加物についてとその害について紹介します。

無添加でない酵素ドリンクによく入っている添加物の比較とその害

砂糖入り酵素ドリンクの害

砂糖を摂ることで血糖値が急上昇し、それによって体に余分な脂肪を蓄えるというデメリットがありますが、それにもかかわらず砂糖を使用している酵素ドリンクは意外にもたくさんあります。

また急上昇した血糖値は急降下しやすく、それによって脳が空腹を感じやすくなり、食事をしたすぐ後でも食べたくなってしまう弊害も。

ダイエットに砂糖が大敵なのにもかかわらず酵素ドリンクに砂糖を加えているということは矛盾以外の何者でもありません。酵素ドリンクを選ぶ際には砂糖が使われていないか必ず原材料をチェックするようにしましょう。

人工甘味料入り酵素ドリンクの害

人工甘味料は砂糖の代わりに酵素ドリンクに使用されることが多いです。

諸説ありますが、人工甘味料でも砂糖と同様に血糖値の急上昇、急降下が認められています。カロリーが砂糖よりも少ないとはいえ、脂肪を溜め込んだり太りやすくなる恐れがあります。

また人工甘味料は中毒性があるため、ハマってしまうとなかなか止められない危険性も。(一説によると麻薬のコカイン以上の依存症状が出ることもあります)

酵素ドリンクはダイエット目的で飲むものなので、次のような添加物の名前が原材料名欄にある場合は要注意です。

黒糖ブドウ糖液糖、マルチトールシロップ、デキストリン、ネオテーム、スクラロース

防腐剤(保存料)入り酵素ドリンクの害

防腐剤(保存料)とはその名の通り、酵素ドリンクが腐ってしまうのを抑えるために加える添加物です。

しかし、酵素ドリンクに含まれる酵素はある意味細菌です。防腐剤が加えられてしまうと、その酵素の働きまで抑制してしまうため、本来のダイエット効果を殺してしまいかねません。

またそもそも酵素ドリンクは開封後飲みきるまで酵素が発酵し続けているものなので、防腐剤(保存料)を入れる必要がありません。主に次のような添加物の名前が酵素ドリンクの原材料名欄にある場合は要注意です。

安息香酸Na、バラオキシ安息香酸ブチル、亜硫酸ナトリウム、ソルビン酸

香料入り酵素ドリンクの害

香料は、飲みやすくするために香りや味付けをするために使用される食品添加物です。

体に害がないものもありますが、人工的に作られた合成香料もすべてまとめて「香料」と原材料名に表記されてしまうため注意しましょう。

基本的に香料の記載がある酵素ドリンクは飲まないようにするのが正解です。

増粘剤入り酵素ドリンクの害

キサンタンガムやペクチン(りんご由来)などの記載がある酵素ドリンクも注意。

粘り気をつけるために加えられる添加物で体に有害です。

そもそも原液100%の酵素ドリンクならこんなものを加える必要がありません。酵素ドリンクを選ぶときには原材料名に増粘剤が入っていないものをチョイスするようにしましょう。

着色料入り酵素ドリンクの害

亜硝酸ナトリウムやカラメル色素などで色付けする目的で多くの酵素ドリンクに使用されています。

中には体に害をもたらすものもあり、発がん性が認められているほか、アレルギーや不妊の原因になるという報告すらあります。

酵素ドリンクを選ぶ際には着色料が入っていない完全無添加のものを買うようにしてください。

参考 完全無添加酵素ドリンクのダイエットをおすすめする理由

有名酵素ドリンクでも無添加じゃない!添加物入りが多かった

無添加じゃないベルタ酵素ドリンク

ベルタ酵素ドリンクには次のような食品添加物が使われています。

  • 果糖ブドウ糖液糖…肥満(メタボリック・シンドローム)、血糖値の上昇(糖尿病発症)、血圧の上昇(高血圧)、がんの危険性あり
  • イソマルトオリゴ糖…デメリットとして、遺伝子組換えのとうもろこしから作られている可能性があり
  • エリスリトール…人工甘味料
  • 増粘剤(ペクチン:リンゴ由来)…発がん性を高める可能性があり
  • 保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル)…発がん性が認められています
  • 香料…人体に与える悪影響は少ないが、安全とは言い切れない

酵素ドリンクの中ではもっとも有名で人気の商品ですが、それだけが理由で買ってしまうのはお勧めできません。本気で酵素ドリンクダイエットで痩せたいなら、添加物なしの酵素ドリンクを選ぶべきです。

無添加でないお嬢様酵素ドリンク

お嬢様酵素ドリンクには次のような食品添加物が使用されています。

  • マルチトールシロップ…化学合成的な方法で製造される人工甘味料(添加物)
  • スクラロース(甘味料)…成長の遅れや赤血球の減少、甲状腺の働きが衰えてしまうなどのデメリットがあります
  • ネオテーム(甘味料)…砂糖の1万倍もの強烈な甘みがあります。中毒性があり、日常的に甘みを求めてしまう恐れがあります
  • 安息香酸ナトリウム(保存料)…発がん性があることが厚生労働省の研究によって明らかになりました
  • カラメル色素
  • ペクチン
  • クエン酸ナトリウム
  • 香料

素敵な女性のイラストが描いてある酵素ドリンク。見た目の可愛らしさが魅力的ですが、それとは裏腹にこんなにたくさんの添加物が含まれています。

ダイエットするなら摂るのを避けるべき添加物が多いため、商品選びの際には気をつけてみてください。

・・・

他にも、ベジライフ酵素液や酵水素328選、ごちそう酵素、ミネラル酵素ドリンクなどの人気商品にも同じように防腐剤(保存料)等の添加物が当たり前のように使用されています。

参考資料 日本食品添加物協会

無添加酵素ドリンクは優光泉(ゆうこうせん)がおすすめ

添加物なし!完全無添加の酵素ドリンク

多くの酵素ドリンクの中でも、このブログで私がお勧めしている優光泉は砂糖や防腐剤(保存料)などの添加物を一切使っていない完全無添加の酵素ドリンク。

原液100%だから、酵素ドリンクのダイエット効果を最大限に引き出すことができます。

砂糖も一切使われていないからカロリーが低く非常にお勧めです。

無農薬!残留農薬が検出されない無添加酵素ドリンク

酵素ドリンクの中には農薬の検査を一切していない不親切なものがあります。

しかし、優光泉酵素ドリンクは残留農薬のチェックを欠かさず行っており、検出されないことを確認済み。

安心して飲むことができます。

放射線が一切検出されない無添加酵素ドリンク

優光泉に使われる原材料の野菜や果物は九州産の旬のものを厳選。

放射能が漏れた原発事故があったエリアからは地理的に十分距離のある場所で採れたものばかり。

放射線が一切検出されない無添加酵素ドリンクなので、妊娠中や授乳中、産後ダイエットをする方にとっても安全です。優光泉公式ページを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする